スポニチAnnex

wiki
検索
スポニチwiki

スズキ・RH250

「スポニチwiki」は、ウィキペディア財団が運営するウィキペディア日本語版に含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、提供しております。

スズキ・RH250(アールエイチにひゃくごじゅう)とは、かつてスズキ1984年から1987年にかけて製造・販売していたオフロードタイプのオートバイである。

モデル一覧

RH250

型式:SJ11B

1984年4月に発売された。空冷ハスラーシリーズの生産終了後、後続モデルという形で発売された。姉妹車としてRA125も同時発売し、暴力的な加速とピーキーなエンジンが話題を呼んだ。

キャブレターには高度自動補正機能(AAR)が搭載されており、高地でもパワーダウンする事無く走行ができる。

RH250-2

型式:SJ11C

1986年4月にグラフィックデザインの変更、排気デバイスSAEC)の採用などの各部が変更されたマイナーチェンジが行われた。これより型式がSJ11BからSJ11Cへと変更された。

外観は主に、タンク部のグラフィックデザインの変更、排気デバイスの採用によりフレーム形状の一部が変更、ボディーカラーのレッドが廃止になり、排気デバイス(SAEC)の採用により扱いにくいピーキーなエンジン特性から扱いやすいエンジン特性へと変更された。また、それに伴い高度自動補正機能(AAR)の廃止とキャブレターの変更が行われた。

サスペンション部においてもフロントフォーク・リアショック共に変更されており、それによりシート高が下がり足付きがマイナーチェンジ前と比べ良くなっている。

RH250H

型式:SJ11C

1987年3月に吸気干渉管をインテークマニホールドに装着、キャブセッティングの変更がされた2度目のマイナーチェンジが行われた。

RH250J

型式:SJ11C

1988年5月にグラフィックデザインの変更や各部の変更された3度目のマイナーチェンジが行われた。外観はタンク部のグラフィックデザイン、エンジンのカラーが青色に変更され、フロントフォークプロテクタの装着、キャブレターの変更などが行われている。

TS250X

1985年にRH250の輸出仕様としてアメリカで発売された。

注目アイテム

関連項目

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).

【スズキ・RH250】変更履歴

ご利用上の注意

株式会社スポーツニッポン新聞社(以下「弊社」といいます)が提供する スポニチwiki サービス(以下「当サービス」といいます)では、ウィキメディア財団が運営する日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、当サービスをご利用になるお客様に当該情報を提供するサービスを行っています。

弊社は、当サービスをご利用になるお客様に対して、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)および あるいは または GNU Free Documentation License (GFDL)に定める各条項に基づき、当該情報を提供しています。

当サービスでは、当該情報は定期的に更新しますが、当該情報とウィキメディア財団の運営するサイトにおける情報の内容には差異が生じる可能性がありますことを予めご了承ください。

弊社は、お客様が当該情報をご利用されることによって発生した直接・間接の損害に対し、いかなる責任も負いません。また、お客様が当サービスのご利用を通じて得た情報等の経済性、正確性、完全性等について、一切責任を負いません。

表示モード